食事デートをする度に2万円もらっていた男性から嬉しい提案

 真緒さんから推薦された、出会い系サイトのJメールと、ワクワクメールの中でメール交換し、待ち合わせしたのは5人の男の人たちです。
支援の準備があると言う方たちで、大きな期待を持ちました。
待ち合わせは、殆んどがお食事。
食事をすることが面接でした。
ただ、どうしても条件が一致しないと言うことは、出てきていました。
私は飲食店経営をしたい、その開業資金が欲しい、そうなると大きなサポート金額になります。
試算を伝えると、相手の方も戸惑った表情に。
さすがにこの金額は、厳しいと考える男の人たちも多かったようです。
初回の面接を終え、それ以降は音信不通になってしまったり。
結果、Jメールで知り合った江添さんと、ワクワクメールで知り合った名嘉山さんとの食事デートだけが続けられていました。
このお食事をするだけで、都度の2万円の支払いをしていただき、交通費として遣い、余ったお金は貯蓄に回すようにしました。

 

 パトロンが欲しい私は、良い印象を与えるように心がけ続けました。
お金に対して、欲張りな部分は絶対に見せません。
それと、いつも美味しいお食事を食べさせていただけて、デートすること自体は楽しみでした。
お喋りすることも嫌いじゃありませんから、自分自身も楽しんでいた部分がありました。

 

 パトロン募集で知り合った名嘉山さんの方から「ある程度の資金支援をしても良いと考えるようになってるよ」と、言われたのは、お食事デートをしてから、45日目のことでした。
「あの…私のお手伝いを…」
ニコリと微笑み「うん」と頷く名嘉山さんをみて、感激が込み上げてくる状態に。
その日は、お酒も多めに飲んで、とっても楽しい時間になりました。
夢に、何歩か向かって歩みを進めることができたのですから。
でもここで、安心してはまだまだダメ。
本格的な開業資金は、足りない状態なのです。
江添さんからも、資金提供が受けられたら…そんな妄想を膨らませてしまっていた私です。

定番愛人サイト女性は完全無料男性のみ有料

高額な愛人契約を希望するなら迷わずココ!

page top